交通事故裁判は弁護士へ相談して進めていこう

交通事故による裁判は早めに相談すると示談で終わる場合もある

交通事故裁判は弁護士へ相談して進めていこう

交通事故

交通事故は民事

交通事故に関係する損害賠償問題に関して法廷で争う場合は、一般的に民事裁判で行われることがほとんどです。簡易裁判所へ訴えることにより裁判を始めることが出来ますが、地方裁判所からでも裁判を始めることは可能です。裁判を進めていくうちに、裁判所から和解を提案されて裁判が終了する場合もあります。交通事故裁判では、和解で終了することが比較的多い裁判とされています。

なぜ裁判になるのか

裁判が起るのはお互いの言い分や意見が一致しない時に、公平な裁判所にどちらが正しいのか判断してもらうためです。初めにお互い話し合いをしますが、その時点でお互いが納得すると示談という形で終わります。ですが示談が成立しない場合は、裁判をして戦いますが、交通事故裁判の場合は示談で終了する場合がほとんどです。

こんな時は弁護士に相談しよう

では、交通事故で裁判まで発展するにはどの様なケースがあるのでしょうか?高確率で裁判へ発展している事例は、規模の大きな事故で損害賠償の金額が多額になる場合や、交通事故により後遺障害が残ってしまい賠償金額が多額になってしまう場合などがあげられます。このような事例に巻き込まれてしまった場合には、なるべく早く弁護士へ相談しましょう。